ここくぐらし

ペチカンチです。 湖国(滋賀県)でのフォトライフを綴ります。 時々県外にも出かけます。 無断転載厳禁でよろしくお願いします。

湖国・行催事

日撫神社 奉納角力

奉納角力が続きます。こちらも何年か振りの日撫神社(滋賀県米原市)です。 鎌倉時代前期、隣村にある寺を密かに訪れた後鳥羽上皇を慰めるため、村人が力くらべをしたのが始まりと伝えられています。大関、関脇、小結の三役による神角力の奉納後、地元の豆力…

山津照神社 奉納角力

何年か振りの「山津照神社 奉納角力」(滋賀県米原市)です。 古例により秋祭りに行なわれる奉納角力は、後烏羽上皇参拝の時からと伝えられる行事で、昔は遠く敦賀、岐阜、八日市から力士が集まり盛況だったようです。 木々に囲まれた広場に声援と拍手が響き…

彦根城眺遠的大会

湖国・彦根城を仰ぎ見る大手前保存用地で開催された「彦根城眺遠的大会」に初めて行ってきました。 全国21の都府県からやってきた約280人の弓道愛好家が80m先の直径1mの的を狙います。 弓道の大会は初めての被写体で、興味津々でカメラを構えたのですが、狙…

長浜あざいあっぱれ祭り

「長浜あざいあっぱれ祭り」(滋賀県長浜市)で撮影を楽しんできました。 今年で20回目になるこの祭りは、「お祭りをもっと楽しく、地域の人々の元気と活力が溢れる"あっぱれ"な祭りに」という想いのもと、地元の若者たちが"よさこい"を取り入れて立ち上げた…

びわこペーロン

朝晩、暑さが少しづつ和らいできました。気持ちいい朝だったので、いい瞬間を求めて「びわこペーロン」に出かけました。 湖国・大津のサンシャインビーチに笑顔が溢れ、歓声が弾けます。色とりどりのユニフォームが躍動します。飛び散る滴がキラキラ光ります…

引接寺 万灯供養

ここしばらく猛暑ですっかり写欲が減退していたのですが、ちょっとムズムズしてきて、やっとカメラを持ち出しました。 出かけた先は、湖国・東近江市にある引接寺(いんじょうじ)。毎年8月22日に約6千の石仏と石塔にろうそくの火をともして無縁仏を弔う万灯…

浅小井祇園祭

何年かぶりに「浅小井祇園祭」(滋賀県近江八幡市)の本祭に行ってきました。 長閑な浅小井の町なかを6基の曳山が進みます。祇園囃子の音色が梅雨の曇り空に吸い込まれていきます。 やがて曳山が津島神社に勢ぞろいすると、子供たちによるお囃子の奉納が始ま…

YOSAKOIソーラン日本海

今年も「YOSAKOIソーラン日本海」が湖国・彦根にやって来ました。 駅前通りに踊りと音楽が溢れます。驟雨を跳ね飛ばす熱演に元気をもらいます。 結局最後までパレードを撮り続けました。そして、結果は想定内でした、、、。

悠紀斎田 お田植まつり

「悠紀斎田 お田植まつり」(滋賀県野洲市)に行ってきました。 昭和3年の昭和天皇即位の際の大嘗祭に供える米を作る田(悠紀斎田・ゆきさいでん)に野洲郡三上村(現在の野洲市三上)が選ばれたことを記念して、毎年この時期に行われています。 5月とは思え…

磯武者行列

気になっていた祭りの一つ、「磯武者行列」(滋賀県米原市)に出かけました。改元後の初祭り撮りです。 日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が伊吹山の悪神を退治した時に負傷し、京都への帰りに病気が重くなり、磯で崩じられたため磯崎神社を建てて守護神とし…

長浜曳山祭

「長浜曳山祭」(滋賀県長浜市)に出かけました。 400年の歴史を持つこの祭は、昭和54年に重要無形民俗文化財、昭和60年に県の有形民俗文化財に指定され、平成28年には日本各地の33の「山・鉾・屋台行事」とともにユネスコ無形文化遺産に登録されました。 祭…

比良八講

「比良八講」に出かけました。 毎年3月26日に滋賀県大津市南小松の雄松崎一帯で営まれる恒例行事で、水難者を供養し、琵琶湖湖上の安全や水源の山の保全などが祈願されます。 「比良の八講、荒れじまい」といわれ、寒風が吹き荒れるのもこのころまでとされて…

斎王群行

「あいの土山斎王群行」(滋賀県甲賀市土山町)は、天皇の名代として京都から伊勢神宮に派遣された斎王群行を再現するものです。 平安時代から鎌倉時代まで天皇が即位する度行われたということで、まさに今年は代替わりに相応しい行事となりました。 昼前で…

ひこね梅あかり

梅のライトアップを初めて見ました。彦根城梅林で催されている「ひこね梅あかり」です。 満開近い約400本の白梅・紅梅が天守に見守られながら、幻想的に浮かび上がっています。 強く冷たい風に参りましたが、普段味わえない空間に身を浸してきました。

左義長まつり

滋賀県近江八幡市の「左義長まつり」に出かけました。安土桃山時代から伝わる国選択無形民俗文化財で、湖国が誇る天下の奇祭です。 初めは日牟禮八幡宮の馬場の石垣の上からでも撮るつもりだったのですが、やっぱり迫力が欲しくて、動き回る左義長の間をちょ…

日野ひなまつり紀行

「ひなまつり紀行」が行われている日野の町(滋賀県蒲生郡)を歩いてきました。 民家や商家、商店の店先150ヶ所以上にお雛様が飾られています。春の気配を感じながら、足の向くまま気の向くまま、のんびりとフォト散歩です。 平日の昼前とはいえ、観光客…

オープンイベント

安土駅(JR西日本 琵琶湖線)の駅周辺整備工事の完了を記念するイベントを覗きに行ってきました。 太鼓演奏、主催者・来賓の挨拶、テープカット、甲冑姿の武者達の鬨の声と進んで、駅前でのセレモニーは30分ほどで終わりました。その後は、近くの小学校の体…

節分祭

多賀大社(滋賀県犬上郡)と長浜八幡宮(滋賀県長浜市)の節分祭を巡りました。 初めて見る長浜八幡宮の豆まきは、特設舞台のある多賀大社より随分と規模は小さいのですが、奉仕される方との距離が近く、子供たち専用のエリアが設けてあったりして、なかなか…

沖島のサンチョウ

沖島(滋賀県近江八幡市)。琵琶湖の沖合約1.5kmにある琵琶湖最大の島で、日本で唯一の淡水湖に浮かぶ有人島です。 島の暮らしや町の風景に魅かれて何度か訪れていますが、サンチョウ(左義長)は初めて見ました。なかなか撮り応えのあるいい祭りでした。 帰…

出初式

湖国・彦根の消防出初式です。 職員・団員約480人、消防車両約50台、バイク16台による分列行進、車両行進の他、子供たちの防火演技や鳶はしご演技が行われました。 最後を飾る一斉放水では、観客の歓声が上がりました。

本戎

十日戎の本戎は、豊国神社(滋賀県長浜市)に行ってみました。 鯛車や宝恵駕籠の巡行に従いて歩きます。巡行が神社に戻ってくると、一番盛り上がる2回連続餅まきです。 福を掴もうと何本もの手が宙に伸びます。「こっち、こっち」と叫ぶ声、下に落ちた餅を…

宵戎

今年のフォトライフは、北野神社(滋賀県彦根市)の「十日ゑびす祭」の宵戎からスタートです。 雪が舞ったり、日が差したりといった気まぐれな空の下で神事が粛々と執り行われます。 餅つきも餅まきもあっという間に終わってしまい、ちょっと物足らない初撮…

紅葉の次は

イルミネーションイベント「Lighting Bell in NOTOGAWA」(滋賀県東近江市)の初日に出かけました。 点灯式の盛り上がる瞬間を収めたかったのですが、ちょっと拍子抜けです。気を取り直して、会場内を行ったり来たり。段々と身体が冷えてきます。お腹も鳴り…

すす払い

歳末の風物詩、彦根城天守のすす払いです。 報道各社の邪魔をしないように気を付けながら、ファインダーを覗きます。終わりかけの頃、賑やかな異国の言葉が飛び交い始めたのを機に下城しました。 ちょっと物足りなかったので、内堀で白鳥を撮ってから、散り…

靴音響く

湖国彦根の冬の恒例スポートイベント「彦根シティマラソン」です。 昨年まで主会場だった陸上競技場が国体に向けた解体工事に入っているため、新しいコースで号砲が鳴りました。 撮影場所に悩みましたが、スタート直後の直線コースと給水所で下手な鉄砲を連…

雨乞御禮

初めて撮らせていただく祭りには、高揚感と緊張感があって、脳がちょっと活性化するような気がします。 滋賀県愛知郡愛荘町を代表する伝統芸能である「斧磨(よきとぎ)明神踊り」です。雨乞いのお礼踊りの奉納がそのはじまりとされています。 帰路途中に、…

狐舞う

高い天の下、祭り撮りに出かけました。 小汐井神社(おしおいじんじゃ)(滋賀県草津市)の古例祭です。神事の後の狐踊りに魅かれて、初めて訪れました。こじんまりとした風情のある祭りでした。 祭りの後にはきつねうどんの振る舞いがあり、長い列が出来て…

豆力士

大宝神社(滋賀県栗東市)の相撲祭(そうもくさい)に初めて出かけました。 地元の方で賑わう由緒ある子供相撲大会です。 歓声と拍手が境内に響きます。親御さんの、特にお母さんのちょっと過激な声援が愉快でした。

千秋楽

「米原曳山まつり」(滋賀県米原市)に行って来ました。江戸後期、鎮守・湯谷神社の祭礼に、滋賀県長浜市の曳山まつりを見習って始まったとされています。これまで何度か訪れているのですが、初めて千秋楽を見物しました。 夕闇にポッと浮かぶ曳山の舞台、暖…

商都、華麗に

古くからの商業都市である滋賀県大津市の天孫神社の祭礼「大津祭」の本祭です。江戸初期から続く湖国三大祭りの一つです。 曳山が出発する頃には青空が見え始め、昼前には日差しが暑いくらいになりました。 撮れ高もそこそこで、厄よけちまきもいただいて、…