ここくぐらし

ペチカンチです。 湖国(滋賀県)でのフォトライフを綴ります。 時々県外にも出かけます。 無断転載厳禁でよろしくお願いします。

桜巡り その3 — 彦根城

惜春の光景を求めて、再び彦根城を訪れました。 期待していたような桜吹雪や花筏には出会えませんでしたが、とても気持ちの良い散歩ができました。 今年の桜もそろそろ撮り納めです。次は新緑が待っています。

長浜曳山祭

「長浜曳山祭」(滋賀県長浜市)に出かけました。 400年の歴史を持つこの祭は、昭和54年に重要無形民俗文化財、昭和60年に県の有形民俗文化財に指定され、平成28年には日本各地の33の「山・鉾・屋台行事」とともにユネスコ無形文化遺産に登録されました。 祭…

桜巡り その2 — 徳源院・神田溜

今年2度目の桜巡りです。 徳源院(滋賀県米原市)の道誉桜が散り始めたと聞いて車を走らせました。バサラ大名として名を馳せた佐々木道誉が愛したと伝えられている枝垂れ桜で、2代目と3代目が花冷えの風に揺れていました。 しばし撮影を楽しんだ後、神田…

桜巡り — 彦根城・余呉川・余呉湖

近場の桜を巡りました。 彦根城の堀端を気の向くまま歩きます。ほぼ一周してから、天守を目指します。 彦根城の次は、余呉川(滋賀県長浜市)です。橋を渡る刹那、目に絶景が飛び込んできます。余呉湖( 同 )にも寄ります。ここでも菜の花との共演です。 桜…

上げ馬神事

三重県員弁郡東員町にある猪名部神社の上げ馬神事に初めて出かけました。 鎌倉時代に始まったと伝えられる神事祭で、2002年に県の無形民俗文化財に指定されています。この上げ馬神事は、全国でここと多度大社(三重県桑名市多度町)の2ヶ所でしか行われてい…

彦根城梅林

梅の撮り納めで、彦根城梅林に行ってきました。 さすがに見頃はとうに過ぎていましたが、足元には春の花が種々咲いていて、季節のうつろいを感じながら、ゆっくりとシャッターを押してきました。 お堀端の桜も開花寸前です。3/30から「彦根城桜まつり」も始…

比良八講

「比良八講」に出かけました。 毎年3月26日に滋賀県大津市南小松の雄松崎一帯で営まれる恒例行事で、水難者を供養し、琵琶湖湖上の安全や水源の山の保全などが祈願されます。 「比良の八講、荒れじまい」といわれ、寒風が吹き荒れるのもこのころまでとされて…

斎王群行

「あいの土山斎王群行」(滋賀県甲賀市土山町)は、天皇の名代として京都から伊勢神宮に派遣された斎王群行を再現するものです。 平安時代から鎌倉時代まで天皇が即位する度行われたということで、まさに今年は代替わりに相応しい行事となりました。 昼前で…

ひこね梅あかり

梅のライトアップを初めて見ました。彦根城梅林で催されている「ひこね梅あかり」です。 満開近い約400本の白梅・紅梅が天守に見守られながら、幻想的に浮かび上がっています。 強く冷たい風に参りましたが、普段味わえない空間に身を浸してきました。

左義長まつり

滋賀県近江八幡市の「左義長まつり」に出かけました。安土桃山時代から伝わる国選択無形民俗文化財で、湖国が誇る天下の奇祭です。 初めは日牟禮八幡宮の馬場の石垣の上からでも撮るつもりだったのですが、やっぱり迫力が欲しくて、動き回る左義長の間をちょ…

いなべ市梅林公園

見頃という情報を得て、いなべ市梅林公園(三重県いなべ市)に行ってきました。 東海地区最大級の梅苑というだけあって、見応え充分です。平日ながら、沢山の観梅客やカメラマンで賑わっていました。 風が強く、晴れたかと思うと小雨がぱらつく不安定な天気…

古いコンデジ持って

最近気まぐれで入手した古い古いパナライカのコンデジを持って、彦根城界隈(滋賀県彦根市)をぶらり散歩です。 このカメラ。メイン機のスペックにすっかり慣れた身にはすこぶる使いづらくて参りましたが、パソコンで見たJPEG撮って出しの絵は、思っていた以…

日野ひなまつり紀行

「ひなまつり紀行」が行われている日野の町(滋賀県蒲生郡)を歩いてきました。 民家や商家、商店の店先150ヶ所以上にお雛様が飾られています。春の気配を感じながら、足の向くまま気の向くまま、のんびりとフォト散歩です。 平日の昼前とはいえ、観光客…

谷汲踊

前から一度見たいと思っていた「谷汲踊」(岐阜県揖斐郡揖斐川町)。晴天の下、ドライブがてらの撮影行です。 800年余り続くと伝わる県重要無形民俗文化財で、谷汲山華厳寺の参道沿いで勇壮華麗な踊りが奉納されました。 いっぱいシャッターを押したので…

オープンイベント

安土駅(JR西日本 琵琶湖線)の駅周辺整備工事の完了を記念するイベントを覗きに行ってきました。 太鼓演奏、主催者・来賓の挨拶、テープカット、甲冑姿の武者達の鬨の声と進んで、駅前でのセレモニーは30分ほどで終わりました。その後は、近くの小学校の体…

今尾の左義長

何年か振りで「今尾の左義長」(岐阜県海津市)に出かけました。四百年余りの歴史を持つとされる伝統神事で、無病息災や五穀豊穣を祈願する火伏せの祭りです。 ハレの日を迎えて、町が若衆が高揚しています。竹神輿が寒風を受けて、見事に燃え上がります。 …

節分祭

多賀大社(滋賀県犬上郡)と長浜八幡宮(滋賀県長浜市)の節分祭を巡りました。 初めて見る長浜八幡宮の豆まきは、特設舞台のある多賀大社より随分と規模は小さいのですが、奉仕される方との距離が近く、子供たち専用のエリアが設けてあったりして、なかなか…

城内散策

二日続けての彦根城です。 うっすら雪化粧のご城下も見たくて城山を登ります。天守の周りを少しウロウロしてから、春を待つ梅林へ。 いい運動になりました。

退散

朝、雪が降り始めたのを見て、彦根城に向かいました。 久しぶりに内堀沿いを歩きます。風が強くて、ジャケットに雪がバチバチ当たります。 思っていたほど雪は続かず、1時間ほどで早々に退散です。

コハクチョウ

湖北(琵琶湖北部)のコハクチョウです。 朝の空模様を見て、ふらっと湖北水鳥公園(滋賀県長浜市)に車を走らせました。 立派な機材でじっくりファインダーを覗くベテラン諸氏の邪魔にならないように、いつもの手持ちスタイルで思いつくまま場所を移動しま…

沖島のサンチョウ

沖島(滋賀県近江八幡市)。琵琶湖の沖合約1.5kmにある琵琶湖最大の島で、日本で唯一の淡水湖に浮かぶ有人島です。 島の暮らしや町の風景に魅かれて何度か訪れていますが、サンチョウ(左義長)は初めて見ました。なかなか撮り応えのあるいい祭りでした。 帰…

出初式

湖国・彦根の消防出初式です。 職員・団員約480人、消防車両約50台、バイク16台による分列行進、車両行進の他、子供たちの防火演技や鳶はしご演技が行われました。 最後を飾る一斉放水では、観客の歓声が上がりました。

本戎

十日戎の本戎は、豊国神社(滋賀県長浜市)に行ってみました。 鯛車や宝恵駕籠の巡行に従いて歩きます。巡行が神社に戻ってくると、一番盛り上がる2回連続餅まきです。 福を掴もうと何本もの手が宙に伸びます。「こっち、こっち」と叫ぶ声、下に落ちた餅を…

宵戎

今年のフォトライフは、北野神社(滋賀県彦根市)の「十日ゑびす祭」の宵戎からスタートです。 雪が舞ったり、日が差したりといった気まぐれな空の下で神事が粛々と執り行われます。 餅つきも餅まきもあっという間に終わってしまい、ちょっと物足らない初撮…

十選

大晦日です。 今年一年振り返って数えてみると、328枚の写真をアップしていました。下手なりに作品作りを意図したもの、「おっ、いいねえ」と感じて撮ったもの、何も考えずにシャッターを切ったもの、、、。 出来はともかく、印象深かったり、思い入れのあっ…

ワカサギ釣り

よく冷えた朝です。 余呉湖(滋賀県長浜市)のワカサギ釣りの様子を見に行ってきました。 ここにも台風の被害が出ていて、桟橋が一部閉鎖されています。釣り人の数も思ったほどではなく、水鳥を絡めての構図に苦心したものの、奮闘努力の甲斐もなく、ご覧の…

紅葉の次は

イルミネーションイベント「Lighting Bell in NOTOGAWA」(滋賀県東近江市)の初日に出かけました。 点灯式の盛り上がる瞬間を収めたかったのですが、ちょっと拍子抜けです。気を取り直して、会場内を行ったり来たり。段々と身体が冷えてきます。お腹も鳴り…

すす払い

歳末の風物詩、彦根城天守のすす払いです。 報道各社の邪魔をしないように気を付けながら、ファインダーを覗きます。終わりかけの頃、賑やかな異国の言葉が飛び交い始めたのを機に下城しました。 ちょっと物足りなかったので、内堀で白鳥を撮ってから、散り…

廃寺散策

すっかり葉の落ちた鶏足寺(滋賀県長浜市)です。 見頃の時期は大変な人出になる紅葉の名所ですが、今はもう元の静けさが戻っています。 着いた時は、絵を描く男性が一人いらっしゃるだけでした。しばらくすると、グループやカップル、同好の士がぽつぽつと…

錦繍に染まって

祖父江(愛知県稲沢市)のイチョウ撮りで歩き回って疲れていたものの、天気が良かったので、湖国の近場の名所も回ってみました。 まずは、旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)です。この時期に特別公開されています(新緑の頃も)。 次に向かったのは、延寿禅寺…